夢が叶うその日まで…

松倉海斗くん応援ブログ

Sexy 松があった意味(2)

またまたすいません、セク松の亡霊です(笑)
私も、この記事( Sexy 松があった意味 - 夢が叶うその日まで… )*1書いて成仏できたと思いました。
でも"とあるネットの1ページ"のせいで(←褒めてます)あの記事に追記として書くには長すぎるくらいに書きたいことが出てきてしまったので新しく書かせていただきます。

その"とあるネットの1ページ"とは。

8/1更新の松島聡くんのジャニーズweb連載"オモイデリュック"です。タイトルは「ミクロワールド・ファンタジア」

まつくとげんちゃんからは数えきれないくらいの刺激を貰って、今自分が輝き続けていられるのは、2人のおかげでさ。

元太くんのことについて書かれていたところで、突然出てきた「まつく」の文字。
きっと、聡くんが元太くんを語る上で外せないのがSexy松で、そこに松倉くんは欠かせなかったんだろうなと思います。
そしてこの後、前記事でも引用した雑誌のテキストと同じことが書かれてましたが、やはりライターを介せず聡くんの言葉で直接松松への想いが聞けたというのは非常に大きいと思います。

俺、中途半端なのは絶対嫌だし、中途半端にしたくないからこれだけは言うけど、
俺の中には、一生Sexy 松は在り続けるから。
Sexy Zoneも、もちろん大切!!
Sexy 松も大切なもの。
だから、またお互いが一緒のステージに立って輝けることを楽しみに俺は頑張るよ^ ^

そして極め付けはこれ。
え、いや、そんなにはっきり書いちゃいますか!?
正直、本人たちの中では過去のことになっていると思ってました。Sexy 松を遡及的に無かったことにはしていないことは感じていましたが、まさか「在り続ける」とまで言ってくれるとは思いませんでした。しかもそれを聡くんから。そしてそれは過去を引きずるとか未練があるとかではなく、"いつでも、その時が来ればまた集まってパフォーマンスができる"ということなのかなと思います。

あと、この話を聡くんが今書いたことにも意味があるんじゃないかなと思います。
元太くんの舞台の感想を書く流れでこうなったんだとは思いますが、2016年はずっと松松で活動してきたのに突然の別々の仕事。元太くんはもちろん松倉くんもいろんなことを思ったんじゃないかなと思います。少なからず私はいろんなことを考えました。それを聡くんになら打ち明けていそうだなと。

今は、1人1人違うステージで輝いてるけど、
まつくが1人でSHOCKに出た時。
2人で出た時
げんちゃんがミクロワールドに出た時。
他にも2人は2人でいろんなステージで胸張って全力で仕事をやり遂げてて。
そんな姿を見ると、俺も刺激を受けて頑張ろうって思えるんだよね。
燃えるわけよ。

松松が2人でステージに立ってる時は互いに互いの頑張りを見ることはできない。個々の仕事の時は(恐らく)どうしてもライバル意識をしてまともにその頑張りを評価できない。そんな2人を平等に正当に評価できるのはSexy 松としていろんな姿を見てきた聡くんだけです。そんな聡くんがこんな風に言ってくれるのは本人たちそしてそのファンもなんだか救われた気持ちになると思います。私はそうでした。
松倉くん、元太くんはジャニーズweb見れるんですかね(笑)松松へのメッセージでもあると思うので絶対に読んでほしいです。

そして8/8、偶然なのかわかりませんが、サマパラ風磨くん公演でSexy 松が揃ったと!しかもSexy 松の名付け親の風磨くんのソロコンでって、何かの運命なのでしょうか(笑)
レポでは松松の紹介時に聡くんがSHOCKに出ることを告知してくれたとありました。その会場には風磨担、Sixtones担、Jr.担がほとんどなはずで、中には「松松ってまだ辞めてなかったの!?」っていう人もいたと思います。そんな中でSHOCKの告知をしてくれた聡くんはもはや勇者とすら思います。本当にありがたいです。

松倉くんからも何かSexy 松のお話聞けないかなーと思ってます。どうしても松倉くんにとって聡くんとは親友、元太くんとはシンメという意識があるので3人でのSexy 松への思いを聞くことが難しいのかなと思いますが。


長々と書いてきましたが、もしかしたら第3弾があるかもしれません(笑)そのときはまたお付き合いください(笑)
私の思ったことをつらつら書いてきましたが、Sexy 松の活動を知らない方々にこの3人が集まるとどうなるか教えてあげたいなぁというお節介小僧が顔を出してきたのでもしかしたらSexy 松の振り返りみたいなことをするかもしれません。あぁ、泣いちゃうなぁ。

Sexy 松が聡くんの中に在り続けるということで、私も堂々とSexy 松を好きでい続けようと思います。

*1:元太くんの雑誌でのコメントを追記してます

KING'S TRESURE 〜KING・HiHiJet・東京B少年公演〜

7月20日〜26日のKING'S TRESUREキングハイB公演に入ってきました!!
ゆるーく入ってきた(と言うわりに1人×2回な)ので思ったことをつらつらと書いていきます。

  • KINGメイン

各ソロがあるのはもちろん、2人ずつの組み合わせ(しょうれん、しょうかい、れんかい)が見られたのは新鮮だなと思いました(^^)しょうれんは言うまでもないですが、海人くんと誰かっていうのが意外と印象にないので楽しかったです!特にしょうかいのRun From Youは大好きでした!!!2人とも踊るジャンルが似ていて、この曲にもそれがぴったりハマっていたので最高でした!!!!個々で踊ってるのに一体感があるし、最後のシェイクハンドみたいな振りがカッコよくて見惚れてしまいました。
分かってはいましたが、ハイBは扱いの良いバックな感じもしました。なのにさらに無所バックもいるという(笑)ハイBだけに与えられた時間はセリフメドレーと各ユニのメドレー、HiB HiB Dream、GOぐらいだったので…私の期待が高かったのもありますね。

  • いろいろな海人くん

なぜか今回高橋海人くんがすごく目について、気になってしまいました。まず、松倉くんたちと一緒にいるときは対等もしくは弟ポジションだったので、B少年とのMCではお兄ちゃんのようなポジションで引っ張っていたのがすごく頼もしく見えました。あれ、KINGのときも2人に頼りきってなかったっけ…?と思ったのですが(笑)
あと海人くんソロのMr.Jealousyは海人くんのダンスがさすがすぎるほどにカッコよくて見惚れました。本家ミスジェラはjealousyな感じがダイレクトに伝わってきますが、海人くんのミスジェラはかっこよすぎて一瞬jealousyな感じを忘れますね。それと紫耀くんのLOVE SONGのときのモニターに映るイラストが上手で可愛くて素敵で、紫耀くんも見たかったのについ見てしまいました(笑)とても癒されました。

  • ミッキーみたいな優斗くん

私が1曲目、OH!サマーKINGで優斗くんを見て思ったのがなぜか「ミッキーみたい!!!」でした。一応柵最前で見てたのでそんなに距離はなかったのですが、キラキラオーラが眩しすぎて結構遠くにいるような感じがしました。そして2曲目のスペースジャーニーではローラースケートでのパフォーマンスでしたが、テレビで見るよりもずっと速く駆け抜けていて本当にカッコよくて感動して、1公演目は特に泣きそうになりました。ローラースケートを滑る人を応援したことがなかったので間近で見ることもなかった私はこの1曲で惚れ惚れしてしまいました。魔法にかけられた気がしました。

  • Sexy 優斗くん

バンビーナのセリフ、よく頑張りました!!2回入ってよかった!と思う理由の大部分がこれです。1回目入ってから6公演挟んで2回だったのですが、1回目より照れがなくなってたように感じましたし、やりきっていました。私も1回目は反応できませんでしたが2回目は全力で沸きました!!らじらーで、開幕前に気合いが入った様子だったのが翌週「お客さんに笑われた」と落ち込んでいて、その翌日朝公演でネタに走ったと知りかなり残念でした。私も、本当は1回目からカッコいい!と思ってめちゃくちゃ沸いてたのに歓声としてリアクションできなかったのでちゃんとすればよかったのかなとも思いましたが。
曲順が逆になりますが、実はYes!も素晴らしかったんですよ!腰振りが!!!これも1回目より2回目の方が良くて。1回目は上下だけで動かしてて必死さが見えたのですが、2回目は大きめに回していて、余裕があってその分色気が増していました。さらに2回目は右手が頭に左手が腰に当てられていて強調されていたので余計に色気が!!!!!(思い出すだけでしんどくなりました…)
とにかく、この2曲で髙橋優斗(17)の色気が存分に堪能できました。最高でした!!

  • HiHi Jetを応援したくなった

KINGというJr.のトップユニット、そしてB少年という1人1人の歴も浅い最年少ユニットがいる、その間に挟まれて同じステージに立つのは正直ちょっと状況的に不利なところがあるんじゃないかなと思いました。それに、私の今までのハイハイの印象は人数が増えたり戻ったり人がちょっと変わったりして、他のユニットがかっちりユニットとしての形を固めている中でイマイチ掴めないなというのがありました。
しかし今回のハイハイメドレー。すごく素敵でした!!!!(小並感)Yes!とバンビーナは3人での披露だったのが残念でしたが、3人と猪狩くんの気持ちを乗せて1つのステージを作りあげていました。この2曲は自分たちより若いユニットができて、そことの差をつけたい思いもあってセクシー系に挑戦したと優斗くんが語ってましたね。ちゃんとその差を見せられたんじゃないかなと思います。そしてララリラですが、涼くんが雑誌でやりたいと言っていたのを本当にやったんだ!という驚きとそれくらい希望が強かったんだなと思いました。でもララリラが発表された当時も今も外野な私はイマイチこの曲へのこだわりが分かりませんでした。恐らく後々雑誌でも語られるかもしれませんが、優斗くんがまずらじらーでこの曲を選んだ理由を話していて、それを聴きながらステージを思い返してなるほどな、と思いました。今だから言えることですが、猪狩くんが離脱したことによって団結力が強まったなと思いました。この3曲でハイハイのいろんな色が見えたしもっと「4人で」頑張れるところまで頑張ってほしいと思います。

  • 懐古メドレーがツラかった

この記事としては余談ですがこのブログとしてはここがメインというか…視点が大きく変わります。がっつり松倉担として(笑)懐古メドレー中3曲は松倉くんが関わっていて、(ageクリエ)KINGがKINGになる前から同じステージに立つのを見ていたので懐かしくなってあの頃に戻りたいなと思いました。ageクリエは2014〜2016年の中で実は1番楽しかったと思うクリエなので。たしかにあのクリエがKINGの始まりでしたね。
ただでさえ懐古がツラかったのに、2回目入ったときの見学が元太くんで。この懐古メドレーを元太くんはどんな気持ちで観てるんだろう、って思ったら泣きそうになりました。どんな気持ちから泣きそうになったのかはまあ………。でも元太くんがここにいるんだから飛び入りでバックついちゃいなよ!!くらいには思いました(笑)個人的にムラサキの元太くん大好きだったので(笑)
松倉くんは最近だと廉くんとフットサルしたり海人くんとMission:Kを見学したりちょいちょい交流があるので個々でもいいしKINGバックにまたついてパフォーマンスしてほしいなと思います。


あなた誰担?と思いたくなるし相変わらず意味不明な内容ですいませんでした。
前に優斗くんの記事を書いてから約3ヶ月でここまで真剣に応援するようになってしまいました(汗)でもまだ余裕で松倉担なので(笑)
また思い出したことがあれば書き足します。

Sexy 松があった意味

どうも、セク松の亡霊です。
聡くんが今月のドル誌でセク松の話をしてくれたみたいなのでなんか書きたくなりました(笑)

もうセク松としての最後のステージ*1から2年経ったんですね。

発表はあんな大々的だったのに終わりは呆気なかったですね。

松倉担としてはSHOCKに選ばれた時点でセク松の存続を不安に思ってましたが、聡くんがSexy Zoneで5人平等の衣装を着て横並びの立ち位置にいるのを確認したとき不安が確信に変わりました。


そもそも結成されたときから終わりがくることが分かっていたユニットでした。今までジャニーズでよくあった舞台やイベント、スポーツ大会系のための期間限定ユニット*2とも違うためその終わりがいつかわからないという、何とも不安定なものでした。
ユニットを組んだことで松倉くんの活動が増えてそれはとても嬉しいことでしたが、セク松の活動が増えれば増えるほど聡くんのセクゾとしての活動が減ってるんだと思うといつも胸が痛みました。

元々仲良しな聡くんと松倉くん、すでに2年シンメでやってきてた松松、同期の聡くんと元太くんという結成前からの交友関係もあり、3人のステージに立つスタンスや方向性が一致していたので立派なユニットとしてできあがっていました。今だからあえて本当に失礼なことを書きますが、当時は聡くんがSexy Zoneのメンバーであることを忘れてしまいそうになることもありました。

Sexy Zoneがまた5人横並びでパフォーマンスをするようになってセクゾファンはもちろん他のファンも世間も喜んでたので、セク松の自然消滅を悲しむ暇もなく黒歴史となった、と思いました。だから5人の活動を見て、セク松の活動を楽しんでしまったことを申し訳なく思いました。


でも!Sexy Zoneが5周年を迎えるにあたって雑誌などで過去を振り返ることになったとき、聡くんはセク松が在ったことについておもいっきり触れていました。しかも前向きな活動として。

ジャニーズJr.の、松倉海斗、松田元太と一緒に頑張った日々は宝物。彼らはある意味俺の恩師だよ。強くて実力のある恩師と、いい時期に仲間になって、戦い合えて本当に良かった。2人は活躍し続けると思うし、俺も頑張るから、3人とももっと大きくなった時…、いつかまた一緒にやりたい!(2016年11月)

ジャニーズJr.の松倉海斗と松田元太の存在が、自分にとってものすごく大きかった。3人で『Sexy 松』っていうユニットを組んで、コンサートをやらせてもらったりした時期があったんだけど、彼らから努力や、上を目指す気持ちの強さ、ステージを楽しむ気持ち、ハングリー精神…いろんなものを学んだんだ。あのときの彼らとの経験を、Sexy Zoneでの活動に大きく還元できている気がするんだよね。落ち込みやすいオレだけど、あの二人を見てると、マイナスな気持ちが消えていくんだよ。松松の二人には、ホントに感謝してる。(2017年3月)

Sexy松のクリエ公演。あれがなければ自分に自信がないままだったと思うから。前を向かせてくれたのは、松松(松倉海斗&松田元太)。オレのいいところをたくさん言ってくれて、クリエ公演の構成を考えるときもオレの意見を尊重してくれたんだよ。いまSexy松としての活動はないけど、また3人でパフォーマンスしたいと思ってる。(2017年6月)

※一言一句抜けなく書き出したから間違いはないのですが出典不明ですいません。(たしか上がTV誌、真ん中が今年のツアーパンフだったと思います。下が今月のduetです。)

掲載時期は違いますが、これらを読んでSexy松があった意味があったんだなと、Sexy Zoneのおまけで作られたユニット*3ではなかったんだなと思うことができました。

この3つの引用から分かるのは、聡くんが松松を下に見ていないことです。それどころか"恩師"とまで言っています。それはセク松を組むもっと前からですが、同じユニットになっても、そして活動がバラバラになった今もその姿勢が変わらないのが不思議だしすごいなと思います。

こうやって、聡くんは節目で振り返る機会がありましたが松松がセク松を振り返ることがないのでいつかぜひ2人からの話が聞けたらいいなと思います。

そして、聡くんが言ってるようにまた3人のパフォーマンスが見たいです!!!今3人揃ったら最強だと思います。セク松で活動してたときよりも松倉くんも実力つけてるし、聡くん元太くんもちょっと見ただけでも分かるくらいに成長を感じます。いつでもいいからまた3人でステージに立ってほしいです。待ってます。



2017.7.9 追記


元太くんから"Sexy 松"発言があったので引用します。

聡、俺のこと、おぼえてるかー(笑)?
いつも雑誌とかで、俺とまつく(松倉海斗)のふたりには感謝してると言ってくれたり、心は"Sexy松"のころと変わってないんだな〜って思って…そういう優しいところがめっちゃ好きです。
また、まつくと3人でいっしょに歌えたらいいね!
3人とも、あのころよりダンスや歌のスキルもあがってるだろうし、おもしろいことができそう♪

Myojo8月号(6/23発売)
聡くんへの伝言板の中での発言です。ちゃんと聡くんの記事をチェックしてるところがさすが元太くんですね(^^)元太くんも3人でやりたいって言ってます(涙)
何かの節目でまた過去を振り返るステージがあったらそのときは再現として松松を呼んでやってほしいなと思います。この妄想をし始めると長くなるのでまたいつか書きたくなったら記事にするかもしれません(笑)

*1:2015年のJクリエ

*2:とは言ってもそれが正式にデビューしちゃったパターンもあるしジャニーズは何があるかわからないけど

*3:事務所的にはそうかもしれないけど、本人達のモチベーション的な意味で。

#ジャニヲタ収納術

なんかふと思い立って周りのグッズたちを整理したくなりました(笑)と言ってもJr.担なのでグッズというグッズはないのですが。整理しようと思ったのは

  • DVDとBlu-ray(ダビングしたもの)
  • フォト
  • チケット
  • 雑誌

です。これらはコンスタントに増えていくものなんですよね(笑)ちょっと放っておくと溜まってしまって。4つの整理を同時進行しようとして、ぶっちゃけ中途半端な状態です(笑)いろんな方のブログを参考にさせてもらって私なりに工夫しました。何番煎じかわかりませんが誰かの検索に引っかかったときに参考になればと思い書いてみました!テーマは"ムダなく!わかりやすく!低コストで!"です(笑)

今まではダビングしたら録画内容を書いた付箋を貼っていました。でもダビングの仕方がすごく雑で、年が違う映像が1つのディスクに入ってるものがたくさんあって(汗)それとディスクをデッキに入れっぱなしにしてしまって、付箋とディスクがバラバラになることがしょっちゅうあって(笑)多分ここまで整理できてない人いないと思います…よくこんなんでヲタクやって来れたなと…。根本的な解決策は番組ごとにダビングする、見終わったらディスクをケースにすぐ戻すを徹底すればいいのですが。
面倒なので、ディスクに直接録画内容を印刷することにしました!100均(ダイソー)の10枚入りのプラケースを使ってます。プラケースにも表紙を作りました。そしてディスクに松倉くんの出番を印刷しました。本当は松倉くん以外を見ることもあるので全部打ち出したかったのですがスペースがなくて断念しました。これでデッキに入れっぱなしでもディスクをなくす心配が解消されました!早く全部やり終えたいです。

  • フォト

L版のフォトは100均のファイルに入れてます。悩んでいたのは松倉くんがSHOCKに出るようになってからの2L版のステフォの収納です。一時的に100均のA5ファイルに入れてました。でもSHOCKに3回出演し、ジャニフワでもステフォが出て結構な枚数になったのでちゃんとしたのが欲しいなと思い、ナカバヤシのイージーストッカーを買いました!ぴったりサイズで見やすくなりました(^^)

  • チケット

これが1番悩みました。今まで100均のフォトファイルに入れていたのですが、2016年から急激に現場数が増えてファイルが追いつかなくなってしまいました。次も100均で買い足そうと思ったのですが今後の現場数がわからないためポケット数に悩み、ファイルばかり増えるのも嫌だなと思ってフォトアルバム以外の収納を探していました。
そしてバインダー式のチケットファイルというものを発見しました。でもA4じゃ大きすぎるしB5は通販でしか手に入らなくてそれがまた高くて。次に見つけたのがスケジュール帳に使うクリアポケットをバイブルサイズのバインダーに綴じるという方法でした。この方が見返しやすいなと思いロフトで調達して。これで私の手元にあるチケットが1冊にまとまりました!

  • 雑誌

これはまだ手をつけ始めたばかりなのですが。今まで全てA4ファイルに入れていました。Myojoやポポロは泣く泣く両端をカットして(笑)でも最近、切らなくても余裕で入る"マガジンファイル"というものが100均(セリア)であると知って、買いました。これから収納していく予定です。
A4で収まっていたものも、ファイルがどんどん増えてしまうのでまとめたいと思ってA4(30穴)のバインダーに変えました。たまに友達に一昔前の切り抜きをもらったりもするのでなるべく時系列順にファイルできたらいいなと思ってこの方法にしました!


ここまでやってだいぶ整理されてきたのですが、次の問題はこれらを収納する場所の確保です(汗)またいろいろ検索して使えそうな収納を探してみたいと思います。

髙橋優斗くんの印象が180°変わった話

何があったってわけでもないですが、久しぶりに自担以外のJr.にハマっていて自分の気持ちの変化がおもしろかったので書きにきました(笑)HiHi JETの髙橋優斗くんのお話です。

優斗くんを初めて認識したのは2016年の野球大会でした。私、なぜか野球枠を斜めに見てしまうクセがあって。あまり良い印象はありませんでした。その後らじらーのMCになってR'sになって、ああ推されだなと思いました。自担がそこそこの苦労人だからトントン拍子に出世していくのに少し妬ましさを覚えました。

そんな印象を持ったまま先日Jr.祭りに入って、たまに優斗くんを視界に入れてみましたが前の記事にも書いたように、顔は可愛いけど特別踊れるわけでもなくて。またハイハイの他3人のスキルがハイレベルなのと、ハイハイの中で"歴が1番浅いのに最年長"っていうことへの偏見もあって劣ってすら見えました。
で、その公演の後のらじらーでJr.祭りの話をしてるとのことでちょっと聴いてみようかなという軽い気持ちで聴いたらめちゃくちゃおもしろくて、全部聴いてしまいました。某動画サイトで聴いたので関連動画がどんどん出てきて過去の放送を遡ったら、優斗くんが、思った以上にちゃんと番組を作り上げていてビックリしました。らじらーを聴いて何にハマったかというと優斗くんの笑い声です(笑)らじらー9時台の象徴と言ってもいいんじゃないかなと思います。優斗くんの笑い声はなんか元気が出るんですよね(笑)なぜかわかりませんが。不思議です。だんだん、それが聴きたくて過去の放送を遡るようになりました。
らじらーの優斗くんにハマって、さらに優斗くんのことが知りたくなって画像を探し、録画した少クラを見返しました。やっぱりお顔がかわいい!!これはJr.祭りのときから思ってましたがらじらーを聴いてより一層愛らしく見えました。もうパフォーマンスとかどうでもいいです(笑)でも最近はローラーが多いので、踊ってるところが見たいと思いクラJの頃まで遡ったのですがその頃と今ではダンスがちゃんと成長していて!!これはまだ伸び代があると思うしこれからが楽しみな子だなと思いました。

そしてクリエが行われている今、フォトセットの優斗くんが可愛すぎてクリエまで買いに行きました。(ガチ)なんか後悔しそうな気がしたんですよね。行けるときは当日券に並んでますが当たらないのでレポにお世話になってます。レポを読む限りでもMCでの回しを頑張ってるのが伝わってきます。すべってることの方が多いみたいですがそれでもめげてないのがすごいですね!残りの公演のレポも楽しみにしてます。

ここまで、ほんの少しですが優斗くんを知って、優斗くんのメンタルの強さって尋常じゃないなと思いました。

この4月から安井謙太郎くん(ジャニーズJr.)とラジオ番組に出させてもらってるのですが、初回はリスナーの方から「なんでこのコなの?」という声が多くて。でも引かないで攻めていたら、「(髙橋が出てる)理由がわかった」って言ってもらえて。すごく嬉しかった。僕は、ウケなかったり、しらけてしまってもラッキーだなって思います。成長するチャンスだし、そこから好きになってもらえるかもしれないから(笑) 〈ジャニカジ〉

まさに私のことですね。推されだからっておもいっきり偏見を持っていたのに、らじらーの優斗くんでまんまとハマるっていう。やられました(笑)でもそういう周りの反応を理解してその逆風に立ち向かおうとするのが本当にかっこいいなと思いました。本当に強靭なメンタルを持ってるんですね。冒頭に、トントン拍子で…と書きましたが推されだからこそのいろんな苦悩と闘っていたのかなと思うと純粋にすごいなと思うし尊敬します。そして、今まで優斗くんに偏見を持っていたこと、斜めに見ていたことを申し訳なく思いました。
こんなに抱いていた印象を覆されたのは初めてです。ホントに180°変わりました。


私は手広く応援するのがどうやら苦手みたいで、どうしても自担のことになるとそれしか見えなくなってしまうので優斗くんを本格的に応援する勇気はないのですが、優斗くんのことをもっと知りたいので自担の活動がないときに茶の間で見守っていきたいなと思いました。

気持ちが盛り上がっているので記事を書こうと思ったのですがつい一昨日入所日だったんですね!*12周年おめでとうございます!これからの活躍に期待しています!!

*1:6日説もあるらしい

ジャニーズJr.祭り さいたま公演⑵ー松倉くん編ー

時間経ちましたが、気にせずJr.祭りの続き書きます!笑

松倉くん出なくてもコンサートが久しぶりだから楽しみだな〜でもても出てくれたらいいな〜という感じで行ったら、前記事にも書いたように、1公演目開演前のMCで松倉くんの出演がわかりました。でももしあのMCがなかったら40分くらいドキドキしながら待たなきゃいけなかったんですよね!そう思うとあのMCは非常にありがたかったなと該当担として思います。

というわけで、約40分、松倉くんの出番はありませんでした(汗)1公演目、連番した松田担の友達と「え、このバックは?」「え、これいる?」と毎回双眼鏡覗きながらバックを必死に見てました。

Love-tuneのパリマニが終わって、布を持ってたわらわらが外周に出てきて、また必死にその中を探してたのですが見つけられなくて。ヴァサイエガくんが紹介されたあたりでセンステに誰か出てきたと思ったら、「松倉海斗!!!」という紹介と共にスポットライトを浴びてモニターに映る松倉くんの姿が…!!!まさかここで出てくると思わなくて、手元が震えて双眼鏡の役割を果たしていませんでした(笑)2公演目以降は冷静に、目に焼き付けるように見ていたのですが、周りの歓声が思った以上に大きくて驚きました。1公演目は自分も騒いでしまったのと400レベル後列だったのとでわからなかったのですが、2公演目以降200レベルに入ったらかなり大きくて!!松倉くんへの歓声を聞くのはサマパラでの紹介以来でした。

そのままジャニソンメドレーでマイクを持って歌ってて。その姿を見るのが久しぶりすぎて感動しました。舞台人の松倉くんも良いけどやっぱりアイドルな松倉くんが私は好きだなぁと思いました!A・RA・SHI、ジェロマ、愛なんだ、LYOまでDブロ側で隣の和田くんと絡んでるのが新鮮でした。Real faceでメンステの方に移動してええじゃないか、ズッコケ男道はメンステで客席側向いてたのですが隣の宮近くんと笑顔で絡んでるのがめちゃくちゃ可愛かったです♡同じステージ立つのはいつぶりですかね!?コンサートで言ったらかなり遡ると思うのですが仲良しな子と同じステージに立てて良かったなと思いました!Venus、チャンカーパーナでAブロ〜Bブロに移動してカモナの那須くんの「come on a my house?」に寺西くんとかと"キャー♡"ってファンになりきって楽しそうにしてました(笑)抱いてセニョリータはBブロ前で踊って、最後の投げキッスがカッコよかったです!メドレーは続くのですが松倉くんはここまでで、捌けるときもギリギリまで手振ってアイドルしてました。

そこからまた30分くらい出番がなくて。セトリを把握してなかった私は無所コーナーがちびっ子の3秒笑ってとHairっていうのを知らなくて、3秒笑ってのときにセンステにドラムがあったのでちびっ子だけかと思って油断してたらHairに出てたのでビックリしました(笑)
モニター見たら、ま…松倉くんセンターなのですが!!!!!カッコよすぎて1公演目の記憶ないです(笑)いや、あの、この間まで"末っ子役"で可愛がられてましたよね!?セクシー系(?)といえばSOLITARYを踊ってましたがそれとはまた違う感じで…!!いつの間にあんなしなやかに腰が回せるようになったんですね……(遠い目)ただ腰を回すだけでなくタンクトップの裾を捲り上げるという(死)もう発狂を通り越して呆然としてしまいました。4公演目にはなぜか笑いが止まらなくなりました(笑)

その次はハイB以外でのBAD BOYSで、ユニットが続々出てくるのを見て、OPみたいにユニットだけなんだろうなーって思ってて1公演目最後の方まで気づきませんでした(笑)しかも1公演目は赤い衣装だったので半信半疑でした。2公演目からはHairと同じ衣装でした。

ハイBのgo!のあとの世界に一つだけの花はユニットごとに1フレーズ歌っていって、これもユニットかと思ってたら2番のBメロで出てきてまたビックリしました(笑)Hairは完全に被せでしたがこっちは音録ったんですかね。Hairよりは松倉くんっぽい歌声が聴こえました。最後に出てきたのでそのままセンステで歌っていて、もはや1番目立ってるのでは!?と思いました。この衣装が白スーツで思わずCONTINUE!と思ってしまいました(笑)

アンコールはkeep onと勇気100%で、2公演目だけWAになって踊ろうでした。勇気100%はちびっ子Jr.が歌ってたので、開演が遅れた影響で最後まで出てると20時越えるからアウトだったんですかね。辛うじて松倉くんは2曲とも出てたのですが最後の紹介が省かれ、円陣を組まずに捌けました。ちなみに4公演目のWアンコールも紹介なしでした。
久しぶりに松倉くんのうさみみは変わらず可愛くて流れ弾食らうしハグやら投げチューやらの定番ファンサにも一生懸命応えてて素敵でした♡
ファンサをしながらもいろんなJr.と絡んでたので、なかなか前に進まず外周すべて周りきれなかったのがアイドルとしては残念ポイントでしたね(笑)でもそのJr.との絡みもまた可愛かったので私は満足です!笑。B少年とかほとんど絡んだことないはずのにちょっかい出したりしていて、のえるくんとか真田くんとか、そこ仲良いんだ!?みたいな絡みもあって新鮮でした。逆に今まで一緒にやってきた仲間との再会もあって、うみんちゅくんとハグしたり永瀬くんにハグされたり(ハグばっかりw)神宮寺くんに絡まれたり。もう書ききれないくらい、覚えきれないくらいそれはそれはたくさん絡んでました(笑)松倉くんがとにかく笑顔で楽しそうで、その姿が見られて私は幸せでした。センステに集まったときお隣の瑞稀くんのマイクもらって寺西くんからもマイクもらって遊んでました(笑)意味わからなかったけど楽しそうだったんでよかったです(笑)

順番に紹介と挨拶をしていったのですがそこで壁が。色のある衣装着させてもらっていたのに、紹介が「Jr.Boys〜!!!」っていう。1公演目、自覚してなかったのかちょっと遅れて立って手振ってました。2公演目からはちゃんと間に合ってましたがそれまでの笑顔に少し影が見えたような気がしました。
その後のユニットごとの紹介には、ファンになりきって"きゃ〜〜♡"と手を振ったりヤジみたいな感じで声かけたりしてました(笑)そして最後、外側向いて手を繋ぐときトラジャに混ぜてもらってて(笑)トリプルカイトの並びに沸きました!!トラジャの皆さんありがとうございました!!笑。


時間も経っちゃったし相変わらずの文章力のなさで何が書きたかったかわからなくなりました(笑)
松倉担としての感想は、複雑でしたね。これに尽きます。この複雑さについてもいつか書けたら書きます。100%楽しかったわけではないです。今度は100%楽しめるステージを見せてくれるといいなと思います!そのためにこれからも松倉くんを一生懸命応援します。

ジャニーズJr.祭り さいたま公演⑴ーいろいろなJr.編ー

ジャニーズJr.祭り行って参りました!!
横アリ公演はSHOCK期間中で松倉くんが出演しないのは明らかだったので行きませんでした。友達から横アリ公演の話は聞いてましたがセトリを確認せずに公演を迎えてしまいました。サマパラ以降ジャニフワ、SHOCKと舞台続きで久しぶりのコンサートという事実に胸を躍らせていました。ただ不安だったのはデジタルチケットの件だけでした。

11時半に友達と待ち合わせて、入場口に向かったらすでに長蛇の列で。まず最後尾を探すところから大変でした(汗)並んでる途中で機械トラブル発生が知らされましたがそれも直り入場再開して、チケットを手にしたのは12時15分くらいでした。そこから座席に辿り着くのがまた大変で!!結局席に着いたのは12時25分くらいでした。
というわけで私は足止めを食らって時間がかかったものの、過程自体はスムーズにいきました。Twitterなどで情報は得てましたがいろいろトラブルに巻き込まれたのが1人2人じゃないようで。もう紙チケに戻してほしいです、切実に。

座席についてしばらくしていきなりMCが始まって、私はすでに疲れてたのでぐだぐだしながら聞いていました(笑)すると「今日はね、今回さいたまスーパーアリーナから!新しい仲間が!…」という安井さんの声が入ってきて、はっ!これはもしかして!と思って身構えました。「ジャニーズJr.の松倉海斗でーす!」という声が聞こえて友達と先ほどまでの疲れを忘れて発狂しました(笑)まあSHOCK終わってから時間あるしいたらいいな〜っていう軽い気持ちだったので本当にいるとわかって大興奮でした。私だけでなく会場全体としても歓声が沸き起こって驚きました。そこからさらに1時間くらいMCが続いてやっと開演しました。あのときは疲れて軽く聞き流してたけど改めて安井さんスゴすぎます…!!!

前置き長くなりましたが、4公演の本編はユニットごとに書いていきます(^^)(順不同)

やっぱり強いですね!いろいろと!何でも会場が「キャ〜!」となるのでやはり人気なんだなぁと(笑)とりあえず平野くんが好きすぎます。Remedyを踊る平野くんがカッコよかったです。黒髪平野くん最高です!!!

  • Prince

私の大好きなPrince princessの2番が聴けて嬉しかったです♪Prince単体としては思いの外私の印象に残らなくて残念です…
キンプリは最強でしたね!!!私はもう勝つんだWINには何の気持ちもないので久しぶりに聴けて高まりましたしBounce to Nightは会場に混じって全力で沸きました(笑)あそこは1番歓声が上がったところですよね。こんなに需要あるんだしくっつければいいのにと思うのですが。Helloハルイロのわちゃわちゃも可愛かったです!

  • HiHi JET

最近、高橋優斗くんの魅力に少し気づいてしまって!!パフォーマンススキルは私の基準()を下回ってしまうのですがお顔が可愛いなと思います。9日昼MCの「美人、美人、ひとつ飛ばして、まーきのっ」は多分シラけるところなんだろうけど可愛くて笑ってしまいました(笑)らじらーでの甲高い笑い声も好きです。

  • 東京B少年

メンバーはとりあえず把握してましたがパフォーマンスはほとんど見たことがありませんでした。お顔が好きなのは浮所くん那須くん龍我くん(順不同)かな〜という感じでした。いざパフォーマンスを見てみたらみんな一生懸命で必死で、それがなんだか可愛くてまるっと推したくなりました!!!というか那須くんの「BYAKUYA…」を聞いて平然としていられる人がいるんですかね!?(反語)那須くんはホントズルいなと思います(笑)あれだけ外見は完成してるのに歴が浅いからパフォーマンスとして未完成なところがあってそのギャップという落とし穴に落ちないように必死でした(笑)今後も気をつけたいと思います。
HiHi B少年は一緒にやる必要あるのかな!?という印象を受けました。ほかのコラボに比べて化学反応が小さいというか…予備知識があればもっと楽しかったのかなと思いました。

不謹慎なことを言いますが、久しぶりに見てなんか寂しいなと感じました。もっと密集してるイメージがあったので。8日昼開演前のMCで宮近くんが墓穴を掘りましたが…。でもチャチャチャチャンピオンと山手線がめちゃくちゃ楽しかったです(笑)梶山くんの「ミ・アモーレ」と「探してる」と「Woo Baby」のインパクトが強すぎました(笑)

  • Love tune

元ドラマー担で自分もドラムをかじってたので萩谷くんはやはり気になってしまいました!とてもカッコよかったです!!あとパリマニの美勇人くんがカッコよかったです。
らぶとらはFantastic rideがすごく良かったです!!美勇人くんががっつり踊ってくれてたら尚良かったです…。(少クラのえびバックのFantastic ride大好きです。)とりあえず美勇人くんがかっこよすぎて、公演中ずっと「森田さん…あぁ、森田さん」と唸ってました(笑)

  • Six TONES

この星のHIKARIが大好きなのでとても楽しかったです!!「wow wow wow Yeah〜♪」を全力で叫びました(笑)amazingはなんだか耳に残りますね(笑)


もっといろいろあったのですが少し時間が経ってかなり内容が薄くなってしまいました(汗)

ちなみに松倉くん以外の無所は、推しの元木湧くんがいたので注目して見てました!8日夜の席が外周の立ち位置で存分に堪能できました♪笑顔が可愛くて可愛くて!!!9日夜の自己紹介では投げチューしてましたが、まだ湧くんにそういう路線は早いなと思ってしまいました(汗)*1
あと注目せずにはいられなかった、作間くん!!ハイハイと一緒に別衣装でセンターで踊ってるときは釘付けでした!!緑衣装のときは友達と「ピーターパンみたい!!」と言ってました(笑)9日夜の最後の紹介は、倒れない人いないですよね!?笑。さいたま公演しか見てない私でも、前3公演はただ微笑んでただけなのにラストで口パクの「ダイスキ」はズルいですね。*2
9日昼、外周の目の前にいたハッピーオーラを振りまいてるちょっと大きめなJr.がいて。後々調べたら"三原賢くん"らしいです。(234扉あたりのJr.なのですが合ってますかね?)すごいんですよ!ちゃんと踊ってるのに要所要所でお手振りやら指差しやら求めてる以上のパフォーマンスをしていて、思わず見入っちゃいました(笑)
また9日夜はプリプリ2番で外周に広がるとき236扉あたりにいたJr.がフリーをファンサタイムにしていておもしろいなと思いました(笑)このJr.も気になるのですが名前がわからず。最後の紹介1人ずつ名乗ってほしかったです(涙)

SHOCK期間中ほとんど少クラを見ていなかったので、井の中の蛙大海を知らずという感じで食らいつくのに必死でしたがお勉強にもなってとても楽しかったです(^^)

というわけでいろいろなJr.編は以上なのですが、すでに結構書いてしまったので一旦更新します。
松倉くんについてはまた次書きます。

*1:とは言ってももう高校生なんですよね…

*2:こちらはまだ中学生なんですよね…時空が歪みすぎてますね