読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢が叶うその日まで…

松倉海斗くん応援ブログ

【祝】Endless SHOCK出演!!〜期待と懸念〜

遅くなりましたが、松倉くんSHOCK出演おめでとう!!前記事より先にこちらを書くべきではと自分でも思うのですが。とにかく驚きました。いつもはTwitterの情報で済ませますが今回は思わず自分で公式HPまで見て確認しました。梅芸ではもうポスターが貼られているみたいでその画像を見てふつふつと実感してます…!
というわけで私がこれからの松倉くんに期待すること、懸念することを挙げていこうと思います。

*期待すること

  • 松倉くんの演技

テレビでは一応SHARK2とお兄ちゃん、ガチャには出演しましたが舞台でのお芝居は全くありません。もし岸優太くんの役を引き継ぐならあの泣きの演技を松倉くんがやることになるんですよね…今から私が緊張します(>_<)オリジナルの役を作ってもらったとしたらどのようなキャラクターなのかも気になります。昨年から行きたい行きたいと口にはしていたボイトレにもこれを機に通い始めた*1そうなので、どんな声量でどんな表情の変化を見せてくれるのか楽しみで仕方ないです!!

  • カンパニーとの絡み

同年代のJr.との活動がほとんどだった松倉くんですがJr.の中でもあまり一緒に活動したことがなかった先輩や事務所の大先輩、さらには事務所の方以外の俳優さん方とご一緒するということで今まで見たことのない松倉くんが見られるのではないかと思ってます。カンパニーの中でどのような役割を果たすのか…。さらに、ホテル生活ということで部屋割りも気になるところですね!!!公演期間中に取材されたドル誌も恐らくSHOCK Jr.で括られていろんなお話が聞けるんじゃないかなと思ってます。

さて、ここからがメインです。私は正直こっちの方が大きいです。

*懸念していること

  • ダンスの変化

これは岸優太担の友達から、初めて観たときダンスの変化に驚くしなんだか悲しくなったと聞いたからです。松倉くんといえばシャカリキというのは担当の私だけでなく松倉くんを知ってる誰もが抱いている印象だと思います。それがSHOCKによってその個性が消されてしまわないかと思うわけです。たしかに舞台<コンサートなのでダンスも舞台っぽくないし、入所前からダンスを習っていたわけでもないので基礎を身につけるにはとても良い機会だと思います。でも今の松倉くんのダンスが好きなので、どう変わってしまうのかが心配です。

  • SHOCKを終えたときのポジション

W杯バレーがある今年、デビュー年と言われていますが9,10月のこの公演が決まったことでデビューから遠のきました。(私は本気で松倉くんが今年デビューすることを願っていました。そして今も願ってます。)松倉くんが、いわゆるセクバから外れる間に何が起こるのかが不安でなりません。特に松松の関係ですね。私が松倉くんを知った時にはすでに松松として活動していたし、私が見ている中で時々別活動をすることはあったけどすぐ戻ったので松松には絶大な信頼をよせていました。でも今回は別活動の時間が長すぎます。10月の公演が終わって戻ってきたときにどの立ち位置にいるか…。

  • 進路

究極これです。松倉くん自身もその悩みを雑誌*2で話していましたが私もとても心配してます。(保護者かよ!とか言わないでw)一般はないだろうけど推薦とかで大学行くなら夏休みから準備しなきゃいけないのに稽古中で忙しいし追い込みの9,10月も公演期間中だから…。もし今松倉くんが悩んでいるとしたら進学か就職かっていう話じゃない気がします。これ以上書くと言霊になりそうで怖いので書きませんが。正直私はこれからもずっとアイドル・松倉海斗くんを応援していきたいです!!でも松倉くんが幸せになれるならどんな道でも…とても複雑です。とにかく早く松倉くんのこの悩みが解決することを願ってます。

ここまでいろいろ語ってきましたが、松倉くんをよく知る元太くんが「まつくだけ何かうまくいかなかったり失敗したとしても俺は心配してない。何があっても絶対に這い上がってくるって信じてるから。」*3と言ってるので、私はそんな松倉くんをさらに積極的に応援していこうと思います!!というかそれしかないです!!ファンレターも出したことありませんが、最近松倉くんがファンの応援が〜とよく雑誌で言ってるので、目にとまるか分かりませんが出してみようと思います。7,8月現場がない分、他のことで応援(という名の自己満足)していきます( • ̀ω•́ )!松倉くんFight!!

*1:ザテレビジョンzoom(2015年7月2日発売)より

*2:女性自身(2015年6月23日発売)・POTATO(2015年7月7日発売)より

*3:TVnaviSMILE(2015年7月7日発売)より