夢が叶うその日まで…

松倉海斗くん応援ブログ

Sexy 松があった意味(2)

またまたすいません、セク松の亡霊です(笑)
私も、この記事( Sexy 松があった意味 - 夢が叶うその日まで… )*1書いて成仏できたと思いました。
でも"とあるネットの1ページ"のせいで(←褒めてます)あの記事に追記として書くには長すぎるくらいに書きたいことが出てきてしまったので新しく書かせていただきます。

その"とあるネットの1ページ"とは。

8/1更新の松島聡くんのジャニーズweb連載"オモイデリュック"です。タイトルは「ミクロワールド・ファンタジア」

まつくとげんちゃんからは数えきれないくらいの刺激を貰って、今自分が輝き続けていられるのは、2人のおかげでさ。

元太くんのことについて書かれていたところで、突然出てきた「まつく」の文字。
きっと、聡くんが元太くんを語る上で外せないのがSexy松で、そこに松倉くんは欠かせなかったんだろうなと思います。
そしてこの後、前記事でも引用した雑誌のテキストと同じことが書かれてましたが、やはりライターを介せず聡くんの言葉で直接松松への想いが聞けたというのは非常に大きいと思います。

俺、中途半端なのは絶対嫌だし、中途半端にしたくないからこれだけは言うけど、
俺の中には、一生Sexy 松は在り続けるから。
Sexy Zoneも、もちろん大切!!
Sexy 松も大切なもの。
だから、またお互いが一緒のステージに立って輝けることを楽しみに俺は頑張るよ^ ^

そして極め付けはこれ。
え、いや、そんなにはっきり書いちゃいますか!?
正直、本人たちの中では過去のことになっていると思ってました。Sexy 松を遡及的に無かったことにはしていないことは感じていましたが、まさか「在り続ける」とまで言ってくれるとは思いませんでした。しかもそれを聡くんから。そしてそれは過去を引きずるとか未練があるとかではなく、"いつでも、その時が来ればまた集まってパフォーマンスができる"ということなのかなと思います。

あと、この話を聡くんが今書いたことにも意味があるんじゃないかなと思います。
元太くんの舞台の感想を書く流れでこうなったんだとは思いますが、2016年はずっと松松で活動してきたのに突然の別々の仕事。元太くんはもちろん松倉くんもいろんなことを思ったんじゃないかなと思います。少なからず私はいろんなことを考えました。それを聡くんになら打ち明けていそうだなと。

今は、1人1人違うステージで輝いてるけど、
まつくが1人でSHOCKに出た時。
2人で出た時
げんちゃんがミクロワールドに出た時。
他にも2人は2人でいろんなステージで胸張って全力で仕事をやり遂げてて。
そんな姿を見ると、俺も刺激を受けて頑張ろうって思えるんだよね。
燃えるわけよ。

松松が2人でステージに立ってる時は互いに互いの頑張りを見ることはできない。個々の仕事の時は(恐らく)どうしてもライバル意識をしてまともにその頑張りを評価できない。そんな2人を平等に正当に評価できるのはSexy 松としていろんな姿を見てきた聡くんだけです。そんな聡くんがこんな風に言ってくれるのは本人たちそしてそのファンもなんだか救われた気持ちになると思います。私はそうでした。
松倉くん、元太くんはジャニーズweb見れるんですかね(笑)松松へのメッセージでもあると思うので絶対に読んでほしいです。

そして8/8、偶然なのかわかりませんが、サマパラ風磨くん公演でSexy 松が揃ったと!しかもSexy 松の名付け親の風磨くんのソロコンでって、何かの運命なのでしょうか(笑)
レポでは松松の紹介時に聡くんがSHOCKに出ることを告知してくれたとありました。その会場には風磨担、Sixtones担、Jr.担がほとんどなはずで、中には「松松ってまだ辞めてなかったの!?」っていう人もいたと思います。そんな中でSHOCKの告知をしてくれた聡くんはもはや勇者とすら思います。本当にありがたいです。

松倉くんからも何かSexy 松のお話聞けないかなーと思ってます。どうしても松倉くんにとって聡くんとは親友、元太くんとはシンメという意識があるので3人でのSexy 松への思いを聞くことが難しいのかなと思いますが。


長々と書いてきましたが、もしかしたら第3弾があるかもしれません(笑)そのときはまたお付き合いください(笑)
私の思ったことをつらつら書いてきましたが、Sexy 松の活動を知らない方々にこの3人が集まるとどうなるか教えてあげたいなぁというお節介小僧が顔を出してきたのでもしかしたらSexy 松の振り返りみたいなことをするかもしれません。あぁ、泣いちゃうなぁ。

Sexy 松が聡くんの中に在り続けるということで、私も堂々とSexy 松を好きでい続けようと思います。

*1:元太くんの雑誌でのコメントを追記してます